感染を防ぐために

女性

確実な情報管理

11月頃から1月にかけて、いろいろな感染症が発生します。その中でもノロウイルスは、幅広い年齢層で発症するウイルス性の感染症として有名です。ノロウイルスに感染しますと、激しい嘔吐や腹痛が起きます。人によっては、高熱や筋肉痛を伴う事もあります。下痢が頻繁に続くと、脱水症状になる事もあるので十分注意する必要があります。そんなノロウイルスは、ドアノブなどを介した接触感染や飛沫感染などで人から人へ感染していきます。人から人への感染を予防するには、一人一人が健康管理をしっかり行うことがとても重要です。特に会社や学校などのような集団で活動を行う場所では、予防の為にノロウイルス感染者や感染経路をしっかりデータ管理しておく事が求められます。具体的に言いますと、データ管理システムを利用してノロウイルスに感染した人の症状や発症時間、感染した時にいた場所などを項目ごとに入力してデータベース化しておく事です。そうすれば、感染した人と似たような行動を取っている人や、一緒に仕事や活動していた人は、感染予備軍としてデータ管理することが出来ます。そして、これらの人たちは発症しないように人一倍予防を行ったり、体調の変化により敏感になって気を付けていく事が出来るようになります。例えノロウイルスに感染した人から距離的に離れている人でも、その管理システムをチェックする事で予防に敏感になって励むことが出来ます。予防として効果的な方法は、手洗いやうがいを十分に行う事、食品はしっかり過熱してから食べる事です。移動中は、マスクを装着しておく事も良いです。