売掛金管理の手間を削減

PC操作

入金管理の効率化

経理事務の中でも大変な作業の一つが、売掛金の管理です。手作業で顧客からの支払いが請求通りきちんとなされているか確認するのはかなりの時間と労力がかかり、人為的ミスも起こりやすくなります。今回は専用サービスを利用し、入金消し込み業務を効率化する方法をご紹介します。・入金消し込みサービスとは従来、売掛金は自社内の帳簿や伝票や、エクセルなどのソフトで管理することが一般的でした。しかし、近年では金融機関が提供するサービスや会計ソフトの機能を使って管理をする会社も増加しています。専用サービスの特徴の一つとして、入金口座の情報と連動して管理できる点があります。逐一、通帳記帳を行う手間も省け、最新の入金情報を見落とす心配もなくなります。また、振込人名義や入金パターンを登録しておけば、定期的に発生する入金消し込みをよりスムーズに行えるというメリットもあります。・サービスの選び方現在、様々な会社や金融機関が入金消し込みサービスを提供していますが、まずは今お使いのソフトや銀行口座との相性を見て選ぶとよいでしょう。入金口座が一つの銀行にまとまっている場合や、インターネットバンキングを利用している場合にはその銀行に相談すると手続きの手間も少なくサービスを導入できます。また、会計ソフトによってはオプションとして入金消し込み機能を追加できるものや、入金消し込みサービス単体で契約して現在利用中の会計ソフトの情報と連動できるものもあります。費用は月々数千円から2万円程度が相場になっていますが、入金消し込み作業時間は5分の1から10分の1程度にまで削減できるとされています。専用サービスを利用し、業務の効率化とミスの削減を検討されてはいかがでしょうか。