効率的に人材を確保する

テレビ電話

導入する企業が増えている

最近、よく耳にするようになったものの中に、オンライン面接があります。オンライン面接というのは、採用予定企業などが採用活動を行う際に、オンラインを利用して行う面接のことを言います。オンライン面接を採用することで、応募する側はその企業に出向く必要がなくなります。応募者は、自宅にあるパソコンなどから、ウェブカメラを介して採用担当者と直接面談できます。また、前もって撮影した動画を、企業の専用サイトに投稿したりするなどの方法もあります。オンライン面接であれば、パソコンはもちろんのこと、スマートフォンやタブレット端末などでも利用できますので、外出先からでも面接できるなどのメリットもあります。オンライン面接は、応募者側だけでなく、採用する企業側にもメリットがあります。採用予定の企業側がオンライン化を設定することで、採用プロセスの効率化を図ることができます。具体的には、遠隔地に在住している優れた人材を本社から直接面接できたり、選考対象を広げたりなど、従来の方法より効率的に人材を確保できるようになっています。オンライン面接が普及した要因ですが、その1つが、数多くのビデオ通話ツールの環境整備が挙げられます。これらツール環境が整備されてきたことで、オンラインによる面接を採用する企業が増えてきており、今後もこの動向は進むことが予想されます。そのため、企業側でもオンライン面接を導入してみるとよいでしょう。ビデオ通話ツールにも様々な機能があるため、導入する際には使用する目的に合わせ、使いやすいものを選ぶことが大切です。